第二回公演「シャングリラ」無事に閉幕致しました!

無事に走り抜きました。 


総動員数は310名。

全ステ満席で500席程なので、200席ほど空席でした。 これは非常に悔しいことです。

一月半の稽古、構想準備から考えたら1年近くの期間を掛けて、200席の空席を残して閉幕。涙が出るほど悔しい。 勉強不足、実力不足。どれだけ良いものを作っても、お客さんが入らなければ意味がない。演劇はほんの数日の儚い夢のような物なのだから。  

次回は必ず限界突破でたくさんの人に感動を与えたい!

必ずやご期待下さい。そして足を運んで頂いた全てのお客様に心からのお礼と感謝を。誠にありがとうございました!


公演の様子はこちらから

亜劇

演劇ユニット「亜劇」です。 劇団 亜劇とは 我々はいうなれば亜種。 映像作家である石田徹弥とCMプロデューサーの浅田義啓による演劇ユニット。 映像業界で培った経験を元に、一味違う演劇を作り上げる。 「亜種」である「演劇」、それが「亜劇」。 第一回公演 「この、素晴らしき世界にて」 (原作: マクシム・ゴーリキイ「どん底」) @SPACE 雑遊

0コメント

  • 1000 / 1000